banner

ハイドロキノンの濃度に注意

この化粧品は、配合されているハイドロキノンが強すぎると肌に問題を起こす可能性があります。それならば、できるだ濃度の低いハイドロキノン化粧品を使えば良いというわけです。
日本においては2001年からハイドロキノンを化粧品へ使うことができるようになりましたが、それぞれの化粧品でも実は濃度に違いがあります。この濃度が高ければ高いほどリスクがあるので、そのことをしっかり覚えておいてください。
一般的にハイドロキノン化粧品は、ハイドロキノンの濃度が4%までと決められています。これに対して厚生労働省では、2%を推奨しています。
もちろん2%にしなければならないという規制はないのですが、安全性という観点から考えれば2%くらいが良いということです。それなら4%の化粧品は危険なのかというと、それも違います。使い方さえ間違えなければ問題はありません。しかしそれ以上の数字になると話は変わってきます。
5%を超える濃度のものもあるのですが、これは一般的に販売されているわけではありません。医師の処方があってはじめて使えるようになります。濃度が高いと効果は強くなりますが、色素沈着や白い斑点などの副作用が出やすくなります。
このような問題をできるだけ起こさないためにも、最初は低濃度のハイドロキノン化粧品から使っていく方法が良いのです。

Copyright(c) 美白のためのハイドロキノン化粧品. All Rights Reserved.